講師プロフィール

SHANTI YOGA JAPAN Director

野々瀬 光枝 / Mitsue Nonose

インド政府公認ヨーガ講師
全米ヨガアライアンス上級認定指導者(E-RYT200)

E-RYT200

2001年頃 仕事のストレスから心と体のバランスを崩し、それがきっかけでヨーガや東洋医学に興味を持つ。インドのヨガ団体 Art of Living の呼吸法に出会い、ヨーガを始める。その時に 体と心は密接に繋がっているんだということをヨーガを通して体験する。

2003年~2006年
体調がみるみる良くなり、ずっと夢だった海外留学を果たし英国ロンドンへ移住。ロンドンにて英語を学びながら、ヨーガを学び続け、 英国認定British Wheels of Yoga ファンデーションコース修了。

2005年 人生で初めての渡印。自分が学びたい、探求したい世界はここにあったんだ!と、インドという国に感銘を受け、以来、ほぼ毎年インドを訪問することになる。

2006年~2007年
インド、ネパールを約1年放浪しながらヨーガ修行。西インド・マハラシュトラ州にあるインド政府公認ヨガアシュラム Yoga Vidya Gurukul Universityにて インド政府公認ヨガインストラクター250時間コースを修了。

初のヴィッパサナー瞑想コースをネパール・カトマンズの瞑想センターにて体験。

2007年3月 日本帰国。
2007年~2010年6月まで東京品川区にて、ヨガ教室 Shanti Yoga大崎を主宰。都内のヨガスタジオ、スポーツジム、ホテルのスパなどでヨガ講師としてヨガレッスンやワークショップを多数開催。

2010年7月より
さらなるヨガの探求とヨガ修行のため、再び、インド長期滞在。

2010年10月
インド・マハラシュトラ州 Yoga Vidya Gurukul Universityにて、インド政府公認上級ヨガコース250時間を修了。
以来、タントラヨガ、ハタヨガを修行、インド各地で教える。

北インドのバラナシでは音のヨーガとしてインド古典音楽の声楽を習う。

2011年6月より
北インド・ダラムサラのアイアンガーヨガのセンター、Himalayan Iyengar Yoga Centreにてクラスアシスタントを務めながら、長期のヨガ修行。

2011年11月
Himalayan Iyengar Yoga Centreの師Sharat Aroraの元で、アイアンガーヨガTTCレベル1,レベル2まで修了。

2012年9月より
Yoga Vidya India全米アライアンス認定200時間ヨガティーチャートレーニングコースで、インテンシブ アーサナ講師を務める。多くの外国人のヨガ生徒にヨガを指導する。

2013年4月
北インド・ヴァラナシにて、Dr.Vagish Shastri よりクンダリーニヨガとサンスクリット語を学ぶ。

2014年 インド滞在中に妊娠。出会った方々に助けられながら出産のため、日本へ帰国。

ご縁あり、九州・大分県へ移住、大分県にて出産。一女児の母となる。

2015年 再びインドへ。北のダラムサラを中心にヨガ指導を再開。

2016年12月~2017年2月 南インドのヨガアシュラムにてヨガ指導をする。

帰国後、大分県を中心にヨガトレーニングコース、ヨガリトリートを定期的に開催。

2018年 東京品川に居を移し、SHANTI YOGA JAPAN ヨガコミュニティを大井町、代官山、入谷にて展開、定期的にヨガレッスンを開催している。大分別府でも引き続き、定期的にヨガワークショップやトレーニングコースを開催している。

Coodinating Director

解剖生理学・瞑想講師 / アーユルヴェーダ医師 アムリタ・シャルマ

Ayurveda Dr. Amrita Sharma

インド・ダラムシャラーの Ousiaアーユルヴェーダとヨガウェルネスセンターの創設者兼ディレクター。

アーユルヴェーダの医師免許を持つDr.アムリタは、北インドのヨガの聖地ダラムサラにて複数のRYT200認定ヨガスクールで、アーユルヴェーダ講義、解剖学、ヨガ哲学を担当指導する経験豊かなヨガ講師であり、アーユルヴェーダの医師兼ライフカウンセラーです。

2007年以来、アーユルヴェーダとヨガの分野の専門教員として働き、「アーユルヴェーダとその基本」、「アーユルヴェーダとライフスタイル」、「アーユルヴェーダの食べ物と食事療法」、「一般的な障害とアーユルヴェーダの治療法」、「ヨガとアーユルヴェーダ」と「ヨガの治療法」の教科において、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ロシア、チリ、イスラエル、アルゼンチン、ボリビア、ウガンダ、アフリカ、アラブ首長国連邦、ドバイ、タイ、フィリピン、ポーランドからの留学生を毎年300〜500人近くを指導しました。

2019年には初来日し、東京品川と世田谷でアーユルヴェーダWSと個人セッションを開催し、多くの生徒の信頼を得ています。

全米ヨガアライアンスE-RYT200、E-RYT500資格保有者。

ヨガ哲学講師

五十嵐・セーヴァートマ・ケン / Igarashi Sevatma Ken

インドのヨガ大学S-VYASA Yoga Universityにて修士課程修了(大学院卒)

インド政府公認 ヨーガ教師(YCB Level.2)

20代前半、学生時代に東洋思想(インド哲学・仏教思想・タオイズムなど)を学びはじめ、実践の必要を感じて以来ヨガを日常生活に取り入れている。

ヨガの指導は2011年より開始。

ヨガの学びを深めようと、ヒマラヤで数年間修行する計画を立てていたが、師の勧めで南インド・バンガロールにあるヨガ大学院に3年間留学(2015~2018年)。ヨガセラピーの修士号を取得。修士論文の研究のテーマは「瞑想の心理的効果、循環・呼吸器系に与える影響」。

また、インド滞在中には複数のヨガスクール、プログラムに参加し、インド流のヨガを学んだ。ヒマラヤ山中でも瞑想修行をおこなった。

現在は東京をはじめ、複数のヨガスクールにてヨガ哲学、インド哲学を担当。

日常生活に活かしてこそのヨガ哲学。ギャーナ・ヨーガの手法を用いて、ヨガ的な生き方を一緒に深めていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close